旅のトラブル

スキミング被害?にあってしまった。

カードで、身に覚えのない請求が。

2/11にまとめて4件、計約12万円。
うち2件は、「LAN PERU」、つまりラン・ペルー航空で航空券を買ってる。

どうしても思い出せないし、そんなもん買うわけないので、カード会社に連絡。近々カードが再発行されます。

この冬だと、ペルー、ボリビア、南アフリカで使ったけど、空港内や政府機関、銀行でしか使ってないんだけどな。

ペルーが怪しいが、マチュピチュの入場料を政府機関で払っただけ。目の前で処理してたし。

それに、普通なら、高額ブランド品とか、キャッシングで現金下ろすとかするだろうに、名前の入力が必要な航空券とは???

真相は不明。

もしかしてオレ、寝ぼけてまたマチュピチュ行きチケット買っちゃったかな?

支払いはキャンセルされ、被害はない予定です。



これまでも旅のトラブルはほとんどないのですが、ほぼ唯一の事件は、5年前サンパウロでデジカメを引ったくられた件

まあ、これもひったくり返したので、被害はないんだけどね。

Img_1338
あらためて現場の写真撮ってきました。

基本的な注意で、よくある旅のトラブルはほとんど防げますが、なかなか100%とはいかないですね。

タクシーとかでぼったくられるのは日常茶飯事やけど。

| | コメント (0)

オリンピックに思う

ソチオリンピックが終わってもうた。

私がMost応援してた葛西選手は、あとほんの一歩の銀メダル。

次回の平昌で、沙羅ちゃんと共にまたひと暴れしてもらいたいものです。

Img_2173
やはり、飛ぶものはカッコイイなあ。

オリンピックでロシアに興味を持った人もいるかもしれない。

しかし、ロシアへの旅は少々面倒に見える。

問題は、ビザだ。

地球の歩き方を見ると、「観光ビザの取得には旅行の予約確認書であるバウチャーと、現地旅行会社からの招待状(旅行確認書)が必要となる。」とある(ネット版はこちら)。

旅慣れた人にもなんじゃそりゃ?という感じで、私も1度はやめた。

しかし、BRICSに全部行くために避けて通ることはできず、ネットで色々調べてると簡単な方法がありました!

ビザ取得を、こちらに頼むだけ。

書いてあるとおり、パスポートと写真を送って申し込むだけ。どういうからくりか知りませんが。

前書いたつもりで書いてなかったようなので、今頃書いてみました。

あとは適当にネットで航空券を買うだけで、問題なく旅できました。

それはそうと、ソチの近所の隣国ウクライナが大変なことに。

Img_3123
写真は、去年の4月末の独立広場ですが、右端の建物が現在クロコゲになってます。

というかここがウクライナのへそで、戦いの中心地。約80人が亡くなったとか。

元々文化的に東西に別れた国なので、この問題はしばらく落ち着かないでしょう。平和そのものだったのに。

ちなみにロシアもウクライナも、英語がほとんど通じず、文字も(我々には)読めず、かなり疲れることを申し添えます。



それにしても、オリンピック見るたび思います。

俺も出たい。金メダルを取りたいと。

で、決めました。TOKYO2020には必ず行くと。

そして、絶対ゲットしてやる。金メダルを!

ポイントは、先手必勝らしい。

| | コメント (2)

マチュピチュとウユニ塩湖をセットで

世界的観光地のマチュピチュはペルーに、近年日本人に超人気のウユニ塩湖は、その南隣のボリビアにあります。

その両方に行こうとすると、昔は、クスコ→リマ(ペルーの首都)→ラパス(ラパスの首都)→ウユニと、飛行機またはバスを乗り継いでいかなくては行けませんでしたが、2011年?よりアマソナス航空で、クスコ→ラパス→ウユニと、サクッと移動できるようになりました。

クスコを10:20に出て、ラパスで1時間程休んで、ウユニに14:35に到着。楽勝です。

クスコのホテルで朝のんびり起きて、その夜ウユニでサンセットツアーに参加できるのです!

安くはなく、32,000円程かかりますが、貧乏学生でない限り、この時短は買うべし!でしょう。

なので、興味があるなら、マチュピチュとウユニ塩湖をセットで行くのがオススメですね。
実際、同ルートの人がちらほら。知らなくてバスで来てガッカリしてる人も。

私は、マチュピチュもウユニもあんまり興味なかったのですが、マチュピチュはべた褒めする人が多いので1度行ってみようかと、ウユニは上記のとおりアクセスが良くなったので足を運んでみました。どちらも行って損はないです。




ここで心配なのが、高山病。

マチュピチュは標高2,400m。クスコは3,400m。ウユニは3,700m。
先マチュピチュがいいでしょう。

ちなみにラパスは4,080m。
クスコから飛んでも、降りると空気が薄いのがわかります。パワーが出ません。

幸い私は、クスコでは高山病になりませんでした。
・ゆっくり行動する

・のんびりスケジュールにする

・水を多めに摂る。

を心がけてて。

大丈夫やと調子乗ってウユニでビール飲んだら、翌朝二日酔い状態。

330mlのビール1本で二日酔いはないだろうから、アルコールに起因した高山病だったと思います。3時間ほどでリカバーしましたが。

なめるといけませんね。

まあ、その翌晩もツアー仲間と飲んで、またその翌朝二日酔い状態でしたが。

以下ご笑覧下さい。

ペルー写真集はこちら

ウユニ塩湖写真集はこちら

| | コメント (0)

南米他の旅のまとめ

いまさらながら旅のまとめを。

24日間で計19本の飛行機に乗り、普段行きにくい南米とアフリカ南部を中心に、計12カ国を周った2度目の世界一周でした。

訪問国は、アメリカ、コスタリカ、ペルー、ボリビア、アルゼンチン、パラグアイ、ブラジル、南アフリカ、ジンバブエ、ザンビア、ボツワナ、タイ。

ザンビアには1時間半ぐらいしかいなかったけどね。
そちら側からビクトリアの滝を見に行っただけだったので。

こちらのサイトで、これまでの訪問国(計54カ国)を塗ってみました。

アフリカ、中東、中央アジアが手薄ですな。って、しばらく行く予定はありません。

今回、ヨハネスブルグを筆頭に治安の良くない街も周りました。
無傷では帰れないだろうと覚悟してましたが、ジンバブエでトゲ踏んだぐらいでした。天候にも恵まれラッキーでした。

気になる費用は、

世界一周航空券 459,870円(スターアライアンスSTAR1 341,800円 + サーチャージ等12万円弱)
別便6本合計 88,318円(ウユニ塩湖周辺等)
航空券総額 約55万円

宿代計4.2万円

で、お土産等総費用込み込みで、約75万円もの授業料を投入しました。あー高かった。

人気のマチュピチュ&ウユニ塩湖については、別記事にて。

それらよりも、私的にはイグアスの滝の方が素晴らしかった。規模もでかいが何より美しい。日本からはかなり遠いけど。

旅の中で一番ビックリしたのは、食事でも文化でもなく、ヨハネスブルグの宿でした。

シャワー浴びようとしたら、いきなり天井から水が降ってくるんだもん。

Img_1405

ドリフかー!!!

| | コメント (4)

バタバタ帰国

南アフリカのヨハネスブルグから11時間飛んで、バンコクで1泊し、今日夕方無事帰国しました。

バンコク→関空は、4時間半。近いもんです。


今朝はあせりました。

反政府デモによるバンコク閉鎖に巻き込まれ、というより単に寝坊して、空港到着が、出発の35分前。。。

すでにChech in closedと表示されており、LCCでも通常アウトなんですが、すぐ搭乗券を発行してもらえ、ダッシュでなんとか間に合いました。

ちなみに、ホテルの近くの交差点も占拠され、この状態。



タクシーを拾うのに、100m程歩きました。


梅田に着いたら、えらくバスが混んでて、まさかの6時間待ち。バンコクに戻れるよ。

で、これから23:10発の夜行で帰ります。

予約してなかった自分の責任ですが、24日も先のバスを予約する気にはなれんかった。。。


後ほど落ち着いたら、おこぼれ写真を上げましょう。

| | コメント (0)

南ア

南アフリカでは、ケープタウンとヨハネスブルグに滞在。

まずはケープタウン。

といえば喜望峰!?

1デイツアーに参加すると、なぜか直前12kmはマウンテンバイクです。


ゆるい下り坂で、こらが結構爽快!


はい着きました。ここが喜望峰です!



ただの崖です。もっと左の方高いですが。

なぜここが有名になったのかよくわかりません。
南端でも西端でもなく、中途半端な「南西端」で。


テーブルマウンテンからの景色も。



ちなみに、テーブルマウンテンは、本当に頂上がテーブルのように平でした。





ヨハネスブルグでも、1デイツアーで、ダウンタウンとソウェトへ。



アパルトヘイトミュージアムでしっかりお勉強させていただきました。


明日はアフリカを離れ、別の大陸に向かいます!

| | コメント (0)

アフリカに上陸し、まずはビクトリアの滝を見に、ジンバブエへ。

こちら側もまあまあきれいですが、国境をまたいだザンビア側の方がキレイかも。虹も見られて。

どちら側もこの時期水しぶきで大雨状態です。




しかし、イグアスの滝を数日前に見たばっかりなので、それほどテンション上がらないのが贅沢なところ(^_^;)


滝は十分堪能し、昨晩からケープタウンに滞在中です。

| | コメント (0)

旅での言葉

南アフリカに来て、英語圏に戻り、ホッと一息。

南米はブラジルのみポルトガル語、他はスペイン語です。英語はマジ通じないので、前回の訪問時もスペイン語勉強しました。死活問題なので。

今回は(あきらめて)あまり勉強しませんでしたが、旅で使う会話は限られてるので、最低限それができれば餓死はしません。


例えばコテコテの地元屋台にて。



「こんにちわ。一つ下さい。いくらですか? ありがとう。おいしかった。またね。」

ができればOK!


私はスペイン語の数字が、10までしか数えられないので、それを超えるとアウトですが。

ちなみに写真のハンバーガーはラパスで7ボリ、約100円でした。

別にうまくはなかったですが、「おいしかった」しか知らないので、そう言っときました(^_^)

| | コメント (0)

ブラジルおこぼれ写真

ブラジル報告を少々。


こんなビールがあちこちに。


ご想像のとおり保温用。


効果絶大です。


さすが南米一の大国。どこ行っても人がたくさん。

有名なリオのコルコバードの丘。


私が帰る頃は、ケーブルカーが2時間待ちになってました。


コパカバーナ海岸。


トップレスのおばさんがいると思ったら、おじさんでした。写真なし。撮る価値なし。


タトゥーを入れた人多し。


奇遇ですね。僕も同じ魚座です(^_^;)


ブラジルは少々危ない国だと思ってましたが、リマ、ラパス、ブエノスアイレスと、比較的治安の良くない(場所のある)街を回って来ると、そうでもないですね。リオなんか平和ボケしそう。


南米は後にし、今晩アフリカに上陸しました。南アフリカのヨハネスブルクです。明日すぐ出国するけど。

ちなみに、ここでやっとイエローカードの出番でした。

| | コメント (0)

イグアスすごいっす

昨日まで、あのイグアスの滝付近に滞在してました。

すごいです。素晴らしいです。美しいです。

写真には収まり切らず、伝えづらいです。



アルゼンチン側の方がいいとのことでしたが、ブラジル側からの景色も負けじと美しい。人口が多いせいか、ブラジル側の方が混んでます。

そう簡単に行ける場所にないですが、オススメです。
観光地だけに、治安も問題なし湿度高くムシムシしてますがね。


行きの飛行機からは、キレイなクラウドストリートが。おまけです。




ただいまブラジル滞在中です。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

ハング・パラグライダー | 旅行