« 吉野川クロカンチャレンジエントリー開始 | トップページ | 吉野川クロカンチャレンジの公式レセプション »

三加茂のJリーグ大会

GW前半は、東北へ被災地視察へ。

後半は、三加茂のパラ大会へ。

Img_2417
初日5/3は、西風爆風でキャンセル。珍しく、ハングでも飛べない程の強風でした。

Img_2424
時間ができたので、居酒屋チェックの後、河口までサブランの安全確認へ。クロカン大会の仕事が済ませられました。

2日目5/4は、東風強風とのことで、三頭山へ。

しばしウェイティングの後、風が落ちたので、ダミー陣が続々テイクオフ。

Img_2431
そういう私もダミーの1人。パラでです(^ ^) 写真中央が三頭山テイクオフ。

Img_2436
しばらくすると、選手が続々テイクオフ。

Img_2442
しばし、選手達とソアリング。実は結構荒れてました(汗)

仕事は終わったし、危ないので、大会本部のある「ぶぶるパーク」まで帰ることに。

Img_2443
約10kmでしたが、1,300mスタートでフォローなので、余裕の帰還。

Img_2446
きれいな芝生の「ぶぶるパーク」を独り占め。

Img_2447
しばらくすると選手が続々ゴール。

結局、67名中14名が、43kmタスクをゴール。

話を聞いてたら、上位選手も、荒れててビビリながらのフライトだったよう。まあ、彼らのコンペ機はつぶれやすいからね。

山沈は4件ありました。ケガはなく、明るいうちに回収完了。

翌日5/5は、用事があったので帰宅しましたが、雨でキャンセル。

4年ぶりにGW国内残留し、この大会の手伝いに行きましたが、パラ界も新顔少なく平均年齢上がってる模様。まあ、長くやってけるスポーツだということで。

|

« 吉野川クロカンチャレンジエントリー開始 | トップページ | 吉野川クロカンチャレンジの公式レセプション »

ハング・パラグライダー」カテゴリの記事

コメント

お務めご苦労さんでしたgood

もちろん、ワシもダミーして遊ぶつもりだった、前日までは(笑)

学生時代のサークルの集まり(宴会)が岡山であり、午後6時から午前1時過ぎまで呑んでた。で、午前6時前には目が覚めて会場には十分間に合うはずだった。
ところが終電で実家の香川に帰省するという同級生がいて、ワシが苦労して見つけた木賃宿に空室があったので部屋を確保してやったら、そいつの飲むペースが特急電車になっちまったhappy02
後は想像通りだ。

10時前には三頭に着いた。事前に椋本氏に「ダミー不能」と伝えてあったが、大会の進行上、10時過ぎには一定の時間をおいてダミーを少しずつ出してタスク決定の参考にする必要があった。タスクを早く決定しないとスタート時間に間に合わないフライヤーが出てくる。特にテイクオフしづらい三頭山東側テイクオフを使うときはそうだ。

ところが、ダミーに指示する奴がおらん。しょうがないので烏野氏や近石氏に「早く準備して順次出てくれ」とワシが言うことになった。
結局、大会スタート時間(12時40分)になっても、テイクオフには10数機残っていた。その選手たちからクレームが出なかったから良かったものの、ワシが選手なら「運営のミスであり大会不成立とせよ」と噛みついただろう。ゲートオープンからスタートまで最低1時間30分は必要だったし、そのためにはゲートオープンを30分繰り上げ、ダミーも同様に30分早く出す必要があった。

残っていた10数機のうち、ただ一人最後にゴールを決めた竹尾氏は苦笑いをしながら言っていた「スタートした時まだテイクオフできてなかったよ。」


長いコメント?になってすまん。「シンゴさんもブログやったら?」なんて言わんといてくれcoldsweats01

投稿: Shingo | 2014年5月 8日 (木) 11時34分

本文より長いです(^ ^)

運営へのクレームは、しかるべき方へ。

投稿: Mohri | 2014年5月 8日 (木) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 吉野川クロカンチャレンジエントリー開始 | トップページ | 吉野川クロカンチャレンジの公式レセプション »