« スナマンの三加茂ゴールログ | トップページ | 『世界へ挑め!』 »

まあまあ使える「みんなどこ?」

先週の吉野川クロカンチャレンジでチャンレンジした「なんちゃってライブトラッキングシステム」の報告を。

なんのことはない、スマホアプリの「みんなどこ?」を使っただけなんですが、まあまあ使えました。

<初日>
Img_0235
降りて、「みんなどこ?」を開くと、先にスタートしたスナマがとっとと降りててビックリ!
ちなみに青い点が自分です。

Img_0234
誰かに抜かれたと思ってみたら、まだ本調子でないヤマデラで、またビックリ!

Img_0239
タケシさん、サダボンさんが距離を伸ばした後、後ろからナカノがゴボウ抜き!

Img_0242
その後、ナカノがゴール付近まで頑張りました。

Img_0238
岐阜、松江、高知から応援?してくれてる人がいました。他にも京都や兵庫からも。

<2日目>
Img_0246
スナマン一人ゴール!

<私の感想>
誤差が結構ある

500mぐらい平気でずれてる場合がある。ハード(携帯)が悪いのかソフトなのかは不明。

軌跡が表示されない

フライト用じゃないので当然。今回ゴールタスクだったので、誰が先頭かわかりやすかったけど、往復タスクではわけがわからなくなる。

飛んでるのか降りてるのかわからない

もちろん高度わからないし。
降りて、スマホからLD報告できたら楽チンなんだけど。

やはりバッテリーの残量は気になる

心配したほどは減らないけど、みんなの回収が終わるまで使い続けると電池なくなりそう。
ただ、安いモバイルバッテリーもあるし、今後の電池関連技術の向上で改善されるでしょう。

ということで、まあまあ使えました!

池田山から観戦してたH氏にも感想を聞いてみましたが、状況がわかって面白かったそう。
ランディング後の回収にも使えました。

ということで、今回得た課題を元に、「みんなどこ?」をベースにしたハング・パラ専用ソフト「みんなどこ飛んでるの?」を開発し、8月の日本選手権で実戦投入します! 乞うご期待!!!



というのはウソです。誰か作ってくれー。

|

« スナマンの三加茂ゴールログ | トップページ | 『世界へ挑め!』 »

ハング・パラグライダー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« スナマンの三加茂ゴールログ | トップページ | 『世界へ挑め!』 »