« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

ホームページのお引越し

高知県ハング・パラグライディング連盟のホームページのURLが変更になりました。

旧URL http://kochi-hpf.hp.infoseek.co.jp/
新URL http://sky.geocities.jp/kochi_hpf/

無料ホームページサービス「インフォシーク iswebライト」が10月末で終了するため、同じく無料の「Yahoo!ジオシティーズ」に引越ししました。

ということで、その下にぶら下がっている「吉野川クロカンチャレンジ」の大会HPも、同様に変更になりました。
http://sky.geocities.jp/kochi_hpf/mikamoXC/

混乱が生じるとまずいので、過去記事も修正しました。

金払ってないせいか、サービス終了の連絡は来ませんでした。インフォシークめー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山に上がらず

日曜は雨だが、今日は南風のいい予報。

朝は薄曇りでしたが、昼から晴れる予報だったので出勤。

LDに着いても相変わらず薄曇りで、無風。上がる気配ゼロ。

Cimg6427

とりあえず読書。最近届いたJHFレポートを読破しました。

Cimg6428

普段ぱっと見て、放置して、しばらくしてヒマな時にあらためて目を通してましたが、今号はちゃんと読みました。いいこと書いてます。

その後も晴れ間はほとんどでないので、飛ぶのはやめて遅い昼飯へ。結局山にすら上がりませんでした。

戻ってくると、続々ランディング。

Cimg6430

美女とタンデムの高木さん。仕事とはいえうらやましー。

上がった人で、+250mぐらいだったそうですが、多くの人が軽いリッジソアリングをして終わり。

Cimg6431

一番左の珍しいカラーリングのハングは、モイスのXS。僕がハング始めたころ、すでに過去の機体でした。

最近復活フライトをされた方だそうです。程度は良かったので、まだまだしばらく飛べるでしょう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Today's Takaoka 10/17(日)

朝から快晴。

昨日より確実にいい条件なので、今日も1,500mオーバーを目指す。

山本さんが一人1,100mまで上げましたが、その後なぜか風がなくなり、しばらくウェイティング。

Cimg6416_2

なんとかステイできるようになったので、続々テイクオフ。

その中に、ハングのベテランJさんが。

Cimg6420

ものすごく違和感あるので、飛んだ瞬間笑ってしまいました。

僕もこのように笑われたのでしょう。

ちなみにJさんは、パラ3本目にして、高岡の狭いテイクオフにトップランして自分の車で帰りました。あー危ない。

皆さんに続き私もリッジレースに参加。

Cimg6422

ハングの切り返しはしんどいので、30分でリタイアして降りました。いちおう上がりはしましたが、ゲイン30m。昨日と2桁違いますcoldsweats01

しょっぱなに上がった山本さんは、高知市方面におでかけし、雲底約1,500mを乗り継ぎ、LDそばまで帰ってきてました。

昨日は私の独り舞台でしたが、今日は山本さんに全て持っていかれました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

パラでバカ上がり

午前中は、思ったより薄曇り。

フォローがやまず、見学者2名は帰ることに。
残念ですが、また来週。

晴れてきたのでいちおう可能性はあるなと上がってみたところ、1314時頃から南風が入ってきました。川田さんが上がったので続々テイクオフ。といっても計6名。私含め全員パラ。

Cimg6406

当初は650mぐらいまでしか上がりませんでしたが、いいのをつかんでじっくり回していると、2.5~3.0m/sで安定して上がり始めました。途中1回外しましたが、あらためてサーマルに入り直し、結局雲底1,500mちょいへ。

Cimg6411

この時期の高岡にしては、バカ上がりです。しかも一人。

気温16℃で寒いので、とっとと前に出して「脱出」しました。

川村さんからタダでもらったQUARX。まだまだ飛びます!

Cimg6414

けど、10年以上前のものなんで一抹の不安も。誰かここ10年以内のグライダー譲ってくれんかな・・・

その後は、急に風が落ちて、ゴンちゃん、竹山さんとともにトップランに失敗しサブランへ吸い込まれました。

Cimg6415

明日もいいかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「吉野川クロカンチャレンジ」開催案内アップ

「吉野川クロカンチャレンジ」の開催案内を先ほどアップしました。
http://sky.geocities.jp/kochi_hpf/mikamoXC/

開催まで一月半を切ってやっとです。遅くなりました。まだ一部工事中ですが。

去年との主な違いは、「クロカンは有志が行うこと」にしたこともですが、宿として「古民家(こみんか)」を使うことです。

Cimg5121

ここが大会本部であり、宿泊所であり、懇親会場です!

メインランディングの四国三郎の郷から北に約1kmと近いです。確か昨年からGWのパラの大会で使い始めました。その名のとおり古く、お世辞にもきれいではありませんが、8畳ぐらいの部屋が6つぐらいあって広く、騒いでるやつらを尻目にとっとと寝ることもできます。

トイレ&シャワーは、アジア選手権を機に改装されきれいになってます。

すでにWebエントリーもオープンしてます。ご参加をお待ちしてます。

-----
吉野川クロカンチャレンジ

<開催案内>
高度差1,000mのビッグエリア「三三エリア(三加茂エリア)」でフライトする機会を提供する「フリーフライトミーティング」です。
昨年まで行っていたクロスカントリー飛行は、上級者の有志が行う形に変更しました。

日程:2010年11月27日(土)、28日(日)
 毎朝9:00にメインランディングの「四国三郎の郷」グランド集合
主催:吉野川クロカンチャレンジ実行委員会
エリア:徳島県東みよし町三三エリア(三加茂エリア)
参加資格:パラ・ハング共パイロット証保有者、フライヤー登録有効者、自己責任でフライトできる方
開催内容:
 フリーフライト
 メインランディングではターゲット計測を行います。
 また、有志によって吉野川沿いに50km先の名田橋を目指すクロスカントリー飛行が行われます。
参加費:4,000円(どちらか1日のみの参加は2,000円)
所持品:GPS(クロカン希望者のみ)、技能証、フライヤー登録証
参加定員:50名(パラ・ハング各25名)
事務局:毛利謙作 TEL&FAX088-871-5502,E-mail kensaku.mouri(at)nifty.com
申込方法:11/19(金)までに大会ホームページから参加申込み願います。参加費支払いは当日になります。http://sky.geocities.jp/kochi_hpf/mikamoXC/
注意事項:
・このイベントはフリーフライトミーティングであり、競技会ではありません。
・クロスカントリー飛行は、上級者の有志が自己責任で行うもので、希望者に対し距離及び時間計測を行います。
・テイクオフへの移動、クロカン後の回収は各自でお願いいたします。
・宿泊は、四国三郎の郷の北約1kmにある古民家が利用できます。
(追加費用無料、11/26(金),11/27(土)の2晩、つまり金曜夜から泊まれます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Today's Takaoka 10/11(月)

3連休最終日は高岡日和。

思ったより南風は弱く、しょぼめのコンディションでしたが、十分飛べました。

13時ジャストに出て、しばらくはリッジソアリングで、こんなはずじゃ?状態でしたが、待ってると弱いサーマルが。MAX730mでした。

もっと早い時間に山本さんは950mぐらいまで上がったそうですが。

Cimg6400

1時間のリハビリフライト。フレアーもギリギリかかりましたcoldsweats01

ということで、めでたく無事ハング界に復帰しました。パラ界への復帰は来週以降に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『世界一蹴の旅』の書籍

晴天ながら、北風強風の一日。

昨日は二日酔いで寝てましたが、今日は読書の一日。

市民図書館で借りてた『世界一蹴の旅』の書籍を読み終えました。
ほとんど今日一日だけで読みました。

ブログの方は、ワールドカップ前にだいたい目を通してたけど。(6/20の私の記事はこちら

Cimg6393

各国事情が4,5ページぐらいに簡単にまとめられてて読みやすいです。

けど、写真や動画のあるブログの方が面白いかも。

一番面白いのは、前回も書いたけど、「ガーナサッカー協会を訪問してきました」の動画。

ガーナサッカー協会を訪問し、訪問の目的を英語で説明すると、返ってきた答えは・・・


先週も天気悪かったおかげで、旅行中撮り溜めしてたビデオもそこそこ見終えました。けどまだいくつも残ってます。普段いかにテレビばっかり見てるかよくわかります。

いつになったら見られるかなー、「鳥人間コンテスト」。

明日は1ヶ月ぶりのフライトです!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

11月末に「吉野川クロカンチャレンジ」開催

例年秋に開催してきた三加茂エリアからのクロカン大会「吉野川クロカンチャレンジ」。

やめようと思ってましたが、ご要望にお応えして、やっぱり開催します! 11月27日(土)、28日(日)の2日間。

要望というほどの強い要望があったわけでもないですが。。。

今年は、大会(競技会)ではなく、三加茂エリアで飛ぶ「フリーフライトミーティング」として開催し、上級者の有志がクロスカントリー飛行を行う形に変更します。

間口を広めるためと、運営の負担軽減のためですが、ちゃんと計測しますので、クロカン挑戦者にとっては実質あんまり変わらないと思います。

参加にあたって、「メンタル頑強」である必要はありませんcoldsweats01

また、メインランディング近くの大きくて古い民家、通称「古民家」を宿として利用予定です。

開催案内はただいま実行委員会で調整中。1週間以内にオープンにできると思います。

少々寒くなりそうですが、頑張っていっしょに名田橋(ゴールにする河口近くの橋)目指しましょう!

Cimg4948
ゴールの名田橋まで50km強

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北米おこぼれ写真

旅についての最後の記事として、おこぼれ写真を紹介。

Cimg6384
ニューヨークで見つけたサンゴのネックレス。これは痛くてつけられないでしょう。

Cimg6383
週末のタイムズスクエアはすごい人。この調子だと年末のカウントダウン時は圧死しそう。

Cimg6380
賑やかなタイムズスクエアで、「うるさい」と意思表示してる方が。

Cimg6382
ワールドトレードセンター跡地は大工事中。完了はいつのことやら。

Cimg6372
ボストンの地下鉄に違和感あり! 線路がやけに近い。路面電車のような感じでした。そうでない路線もありましたが。

Cimg6373
ボストンのフェンウェイパークは左右非対称。レフトの壁がライトよりずっと高い。距離はライトの方が遠いので、左右ほぼ同等なんでしょうが。

ちなみにレストのすぐ奥は道です。単に敷地の問題みたいですが、自由と平等の国でこんなことでいいのだろうか?

Cimg6375
トロントのロイヤルオンタリオ博物館には、珍しく「触っていい剥製」が。よしよししてあげました。
ちなみにトロントでは、いろんな表示が英語&フランス語併記です。

Cimg6374
トロントで路駐してる車。完全に土が充填されてます。
自動車を自然に返すプロジェクトの象徴としたいみたいですが、駐車違反とられないのだろうか。

Cimg6378
ナイアガラでは滝の風下は雨。お天気はずっと良かったので、旅程中傘をさしたのはこの時だけでした。この日も天気良かったのですが。

Cimg6377
ナイアガラ美女。

Cimg6381
さよならニューヨーク。中央の緑はセントラルパーク。

Cimg6385
ユナイテッド航空名物?「きつねらーめん」

Cimg6386
味はまあまあでした。その名のとおり、きつねうどんのスープに、麺がラーメン。揚げが乗ってます。行きの便でも出ました。

下記の過去記事に、写真を追加掲載しました。一部コメントも追加。奇特な方はあらためてご覧下さい。

9月25日 国連クローズ
9月23日 がんばれジャパニーズ! その3
9月22日 がんばれジャパニーズ! その2
9月21日 がんばれジャパニーズ!

北米の旅のレポートは以上です。次の記事から、いつものフライト報告ブログに戻ります。多分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ジョン万次郎の足跡を訪ねて

もう2週間前のことになりましたが、ボストンからバスで、ジョン万次郎の第2の故郷フェアヘブンを訪れました。

龍馬伝ではいまだ「ちょい役」ですし、知名度は龍馬と比較になりませんが、個人的には龍馬に勝るとも劣らない郷土の偉人だと思ってます。

14歳で遭難後アメリカに渡り、11年後に帰国し日本を開国に導きました。龍馬他幕末・明治初期の人物に大きな影響を与えた、日米交流のファーストジャパニーズです。

Cimg6362
フェアヘブンは、ボストンのサウスステーションのバスターミナルから、ダットコバスというのに乗って終点になります。ほぼ真南に向かって、移動時間は1:20。近いもんです。往復$24。

Cimg6351
何度か高速を乗り換え、ニューベッドフォードという街へ。

その川を挟んだ対岸がフェアヘブン。ニューベッドフォードはそこそこ大きな町で大半の人がそこで降り、私も運転手から「降りないのか?」と言われましたが、終点フェアヘブンまで乗ります。

Cimg6359
事前にメールでアポとっておいたジェリー氏に、バス停で拾ってもらい、自家用車で案内してもらいました。私1人のために。

Cimg6352
万次郎の才能を見出したホイットフィールド船長のお墓(中央)。左右は若くして亡くなった奥さんと後妻。

Cimg6353
万次郎が小さな子たちといっしょに英語を学んだ小学校

Cimg6370
何の棒かと思ったら、馬をつなぐやつだそう。馬は当時の足。

Cimg6354
机はミニサイズ。その時ここにあった実物ではないですが、同時代のもの。

Cimg6355
やってきました「ホイットフィールド・万次郎友好記念館」。去年の5/7にオープンしました。ホイットフィールド船長の自宅で、万次郎が3年間住んだ家です。

Cimg6356
中はかなりキレイ。というかほとんど新築。。。

Cimg6364
炭を燃やして使う調理器具。右は案内してくれたジェリー(ジェラルド・ルーニー)氏。

日本をバイクで南から北まで旅したこともあるそうで、ちょっと日本語話せます。奥さんは日本人で、こちらの大学に留学していた時、ジェリーさんと出会ったそう。

Cimg6366
床の木は当時のもの。幅が様々です。

Cimg6365
当時の時代の家具を並べてました。ランプは鯨油で光るもの。万次郎はその鯨油を取るため捕鯨をしてました。

Cimg6358
3階の万次郎の部屋。日本の夢を幾度となく見たことでしょう。

Cimg6367
窓から外を眺めては、日本の母を思ったのでは。

Cimg6368
なぜか畳の部屋が。何か違和感あると思ったら畳の敷き方がおかしい。いちおう指摘しときましたが、わかってくれたかどうか・・・

Cimg6371
航海術や測量術を学んだ学校。

他にも図書館とか一通りのコースを案内してくれました。

Cimg6360
フェアヘブンのバス停。街の北の方にあります。写真のバスに乗ってまたボストンに戻りました。

フェアヘブンは、のんびりした「古き良きアメリカ」という感じの街でした。
今は捕鯨はやってないけど、やはりまだ漁業の街だそう。

万次郎は3年間で多くのことを学んだでしょうが、望郷の念は忘れられなかったでしょう。

今のようにメールすることもできないし。お母さんは万次郎は遭難して死んだと思ってたわけだから。フェアヘブンに来たからといって特別な感情を持ったわけではないですが、万次郎の気持ちにちょっと近づいた気がしました。

なお詳しくは、『地球の歩き方「ボストン」(P203~)』に載ってます。最新号じゃないと載ってません。なんせオープンしたのが去年なので。

Cimg6361
フェアヘブンからニューベッドフォードへ橋を渡ってすぐのところに、セブンイレブンが。さすが日米交流発祥の地です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »