« 2010年スタート | トップページ | 新春初飛び »

旅のトラブル

日本生活3日目。

比較的近い東南アジアだったせいもあり、あっさり通常生活に戻りました。
明日から社会復帰です。

しかし、やっぱり湯船にゆっくり浸かれるのは最高ですね!
半月分のヒゲもばっさり「散発」しました。

旅のトラブルは、「お腹を壊した」以外特にありませんが、ジャカルタではタクシーの運転手が、金をごまかそうとしてきました。

100,000ルピア(約1,000円)札を出してお釣りもらったのに、直後に、「あれっ、君が払ったの10,000ルピア(約100円)札じゃなかった?」って。10,000ルピア札をぴらぴらさせながら。

一瞬あれっと思ってしまいましたが、この古典的詐欺にひっかかるわけはなく、時間がムダなので、とっとと下車しました。

こいつです。
Cimg4457
タクシーの運転手のくせに、私の地図を見ながら運転してますcoldsweats01

少々旅慣れてきたこともあり、リスクをできるだけ避ける嗅覚を養ってきたと思います。

私ではなく、今回私が被害者(日本人)から直接聞いた話では2件トラブルがありました。

上海では、若者が、話しかけてきた中国人女性にボッタクリバーに連れて行かれ、4万円相当払わされたそうです。

(特に日本語で)話しかけてくる輩をまともに相手してはいけません。本人も授業料だと考えると前向きでしたが、脇が甘過ぎです。

クアラルンプールでは、比較的旅慣れた、推定70歳のおじさんが、ニセ麻薬取締官に、40万円相当盗られたそうです。荷物チェックをされ、腹巻に入れてた現金をいつの間にか抜かれたそうです。

まだ旅の先が長いからそれだけの現金を持ってたそうですが、銀行に置いて、国際キャッシュカードで必要に応じ引き出すべきでしょう。

しかし、不慣れな国で、本物とニセ取締官の区別はとっさには難しいと思います。私も運が悪ければ、持ってた現金すられてたかも。3,4万円ぐらいやけど。

旅程中、たいしたトラブルはありませんでしたが、実は出発前、パスポートを忘れてました

荷造りを終え、電気消して布団に入ってちょっとしてから気づきました。
命の次に大事なものですが。

緊張感なく海外に出るのも問題です。

|

« 2010年スタート | トップページ | 新春初飛び »

旅行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/195681/47198138

この記事へのトラックバック一覧です: 旅のトラブル:

« 2010年スタート | トップページ | 新春初飛び »