« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月

昨日

昨日掲載をためらいましたが。

TOに着く手前約100mで、木に引っかかっている化学繊維を発見。

愛媛の方々が既に多数回収に向かっていたので、ビジターの誰かだと思ってましたが、地元の若い方でした。

油断大敵。
というか、体重に対してグライダーが大きかったのかな。

無事(無傷)で何よりです。

本人から消去依頼があれば消します。

Img_01751

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Today's Takaoka 1/30(土)

先週に引き続き、今日も冬型が緩む高岡日和。前日から飛べること確実でした。

予想どおり終日グッドコンディション。

山沈が1件ありましたが、道から近くて比較的回収はスムース(だったもよう)。遅れて上がったので、全く手伝ってませんが。。。

1,000m以上上がった人もいましたが、私はMAX920m。
カーブチップを最大まで上げて飛んでみましたが、下げたときよりもいい感じ。来週はバテンをちょっといじってみます。

困ったのは、ハーネスのチャック。いつの間に痛んだのか、5cmぐらいしか閉まらなくなりました。どうがんばっても。先週まで問題なかったのに・・・

Cimg4707
ぴえーん。

大会中こうなってしまった場合を想定?し、頑張って1時間飛びましたが、思ったほど疲れませんでした。「オレ、まだまだいけるかも。

渋くなるタイミングもありましたが、基本的に終日バカチョン。

Cimg4714

パラのアジア選手権の会議が美馬であったので、16:00にとっとと帰りましたが、まだまだたくさん飛んでました。

フライトで使う筋肉を退化させないため、1本1時間をノルマにしてますが、今日は1時間ジャストでのランディングを目標としました。

結果、「1:00:05」
足が着いてからストップウォッチを押すまで3秒とすると、なんと誤差2秒!

かつて私が学生の頃、信濃平でこういう競技がありました。懐かしの「セットタイム」。

「オレ、まだまだいけるかもcoldsweats01

| | コメント (3) | トラックバック (0)

Today's Takaoka 1/24(日)

昨日は北風爆風でしたが、今日は冬型が緩み、典型的な高岡日和。

愛媛からビジター多数(約15名)で、地元勢よりも多し。

正午前にLDに着くも、すでにがっつり上げている機体が数機。
急いで上がりましたが、ほぼ終日グッドコンディションでした。

雲ひとつない快晴で、MAX950m。いい景色でしたが、デジカメの電池がなくなってて、空撮失敗bearing

上空の気温はバリオの温度計で5℃でした。他のエリアはもっとずっと寒いでしょうが、私にゃ十分寒かったです。

Img_01741

| | コメント (2) | トラックバック (0)

良かったらしい週末

今週末の土日は快晴で、土日とも高岡はよく飛べたらしい。

土曜は寝坊し、夕方パラのアジア選手権の会議があったので、結局雑用デーに。

今日は午後から出張のため飛べず。

JR高知駅前で、「龍馬伝」のイベントが始まり、今日は歴ドルの美甘子さんが来てました。

遠くからちらっと見ただけなので、テレビで見るよりよく見えんかった。
が、おきれいでした。

Img_01661
見にくいですが、写真中央です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また新春初飛び

日曜日は曇天。

今日はさらに悪い予報でしたが、起きるとお日様が。

行かなきゃ飛べないので、出勤。
すでに飛んでるパラが数機。

1,000mぐらい上げてる人もいましたが、程なく条件はいまいちに。降りる人多数。

積んで上がったハングをTOに放置し、しばらくウェイティング。

Cimg4698

14:00になって南が安定してきたので、パラで新春初飛び!

400m代をうろうろして、ちょろっと700mまで上がったのがMAX。
肩慣らしみたいなもんでした。

(その間ハングはずっと放置したまま。ゴメンね。)

1時間飛んでトップラン。あー寒かった。

Cimg4701
終日、視程悪し。

15:00過ぎでフォローが安定し、早々と本日終了。

やはり冬場の高岡はダメだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新春初飛び

旅から帰ってきて、ボケた頭でなんとか社会復帰を果たしましたが、脳が東南アジアモードのままなのか、だらだら過ごしてしまい、旅の写真も未整理、年賀状の返事も出さずに1週間過ごしてしまいました。

暖冬予報はどうなった?というぐらいかなり寒い年明けで、またタイに行きたくなってましたが、この3連休は冬型も緩み、いい天気予報!

北風が弱いことを確認し、今年の飛び初めをすべくエリアへ。

河原の風は北になったり南になったりでしたが弱く、いけそうだったのでTOへ。

しかし、上は北西フォローがなかなか止まず、しばしウエイティング。

Cimg4692

組んだものの、上で畳むことを覚悟しましたが、14:30からやっと南が入ってきました。これほど遅いのは記憶にありません。

入ってきたといっても、あんまり上がらず、リッジに毛が生えた程度。MAX780mでした。

1時間ちょい飛び、無事新春初飛びとなりました。

今年の安全フライトを占う?初LDは、ベースバーすらつかず、今年もケガなく飛べそう!?

今日、早めに出た竹山さんは、ぶっ飛び寸前から1,300mまで上げてました。本日のMAX。お年玉ゲット。

明日も似たようなコンディションか?

Cimg4697
トビ夫君とも仲良くソアリングできました。彼は初飛びじゃないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅のトラブル

日本生活3日目。

比較的近い東南アジアだったせいもあり、あっさり通常生活に戻りました。
明日から社会復帰です。

しかし、やっぱり湯船にゆっくり浸かれるのは最高ですね!
半月分のヒゲもばっさり「散発」しました。

旅のトラブルは、「お腹を壊した」以外特にありませんが、ジャカルタではタクシーの運転手が、金をごまかそうとしてきました。

100,000ルピア(約1,000円)札を出してお釣りもらったのに、直後に、「あれっ、君が払ったの10,000ルピア(約100円)札じゃなかった?」って。10,000ルピア札をぴらぴらさせながら。

一瞬あれっと思ってしまいましたが、この古典的詐欺にひっかかるわけはなく、時間がムダなので、とっとと下車しました。

こいつです。
Cimg4457
タクシーの運転手のくせに、私の地図を見ながら運転してますcoldsweats01

少々旅慣れてきたこともあり、リスクをできるだけ避ける嗅覚を養ってきたと思います。

私ではなく、今回私が被害者(日本人)から直接聞いた話では2件トラブルがありました。

上海では、若者が、話しかけてきた中国人女性にボッタクリバーに連れて行かれ、4万円相当払わされたそうです。

(特に日本語で)話しかけてくる輩をまともに相手してはいけません。本人も授業料だと考えると前向きでしたが、脇が甘過ぎです。

クアラルンプールでは、比較的旅慣れた、推定70歳のおじさんが、ニセ麻薬取締官に、40万円相当盗られたそうです。荷物チェックをされ、腹巻に入れてた現金をいつの間にか抜かれたそうです。

まだ旅の先が長いからそれだけの現金を持ってたそうですが、銀行に置いて、国際キャッシュカードで必要に応じ引き出すべきでしょう。

しかし、不慣れな国で、本物とニセ取締官の区別はとっさには難しいと思います。私も運が悪ければ、持ってた現金すられてたかも。3,4万円ぐらいやけど。

旅程中、たいしたトラブルはありませんでしたが、実は出発前、パスポートを忘れてました

荷造りを終え、電気消して布団に入ってちょっとしてから気づきました。
命の次に大事なものですが。

緊張感なく海外に出るのも問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年スタート

今日は元旦。2010年も皆様にとっていい年でありますように。

昨日の今頃はまだラオスにいましたが、年越し(日本より2時間遅れ)をバンコクの空港で離陸直前に(味気なく)向かえ、今朝無事帰国いたしました。

実家で1日のんびり過ごし、先ほど2週間ぶりに帰宅しました。

マレーシアでお腹を壊した以外、特にトラブルはなく、現在も体調万全です。
「最」新型インフルエンザをお土産にしようと思ったのにcoldsweats01

日本は寒いですが、それは知ってましたので驚きません。
けど、伊丹空港で、カレーライスが800円か900円ぐらいして、桁が一つ多いことに驚きました。それぐらいするのは知ってましたが。。。

東南アジアは各国独特のカラーがあり、現場訪問にて理解が深まりました。みんなそれぞれの環境で、それぞれ普通に暮らしてます。

気候が良く、(きれいかどうかは抜きにして)水もたくさんあり、食料が安く、比較的物乞いが少なく、ぼちぼち豊かで、今後も着実に発展していくと思います。国によってそのスピードは大きく違うでしょうが。

面白い写真は、後日紹介していきます。

明日明後日の休日は、年末撮り溜めしたビデオを処理することにします。

今年もよろしくお願いいたします。


それにしても、自費によるASEAN経済視察ミッションのせいで、僕の冬休みはたった2日しかありません
coldsweats01

Cimg4691
ラオスとタイの国境を流れるメコン川

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »