« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

新JR高知駅

JR高知駅が大改装され、本日オープンしました。

 
周辺数kmが高架になり、開かずの踏切がなくなりました。

 

設備の目玉は、JR四国初導入の「自動改札機」

 

いままで、四国にゃ、なかったのかー。

 

コルカタ(インド)の地下鉄ですら自動改札だったのに。

 

Pict0012
Suica等の非接触ものには対応してません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晴天

明日は雨、今日は高岡絶好の条件。いい南風が入ったことでしょう。TさんやIさんやKさんが気持ちよく飛んだことでしょう。

 

午後からサボって飛ぼうかと、誘惑にかられましたが、年度末が近づき、若干進捗状況が思わしくない仕事があったので、泣く泣くやめました。土日休んだ直後ですし。

 

バテンをちょっといじりました。G田さん、ノマ君のアドバイスを元に。
飛びたいというより、それを試したかった。アドバイスをもらったのは1ヶ月も前の話ですが。いつのことやら。

 

Cimg0393
職場の最上階(5F)より南方向

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週末も飛べず

強い冬型のため、全国的に飛べなかったと思います。

 
高知も北西風が強く、二日酔いもあって昼寝したりと、不毛な休日を過ごしました。

 

ハング・パラネタしか書かないつもりで始めたブログも、飛べないこともあって、このところインド色に染まってます。

 

ということで?、今日は近くのインド料理屋「マハラジャ」に行って来ました。

 

距離にして200m弱、僕の家が○○町3丁目ですが、その店は4丁目。劇近。行くのは2回目ですが、初めて行ったときはびっくりしました。あまりのうまさに。

 

3種類あるランチのうち、真ん中の価格のが「ビジネスランチ780円」。安くはないですが、インドで食ったどの料理よりもうまい。

 

というか、インドで食ったものは、辛くて、しょっぱかったり油っぽかったりで、いまいちのものが多かったです。

 

やはりこの店は、日本人向けにマイルドにしているのでしょう。インド人2人で切り盛りしてます。そこそこ流行ってました。

 

0121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インド写真

インド事情、海外事情に興味のある奇特な方々のリクエストに応え、やっと写真をアップしました。下記からどうぞ。  

 

ニューデリー&アグラの写真集

 

コルカタの写真集

 

アグラとは、ニューデリーから200kmぐらい離れたところにある、タージ・マハルのある町の名前です。

 

実際撮った写真はこれの倍ぐらいですが、「厳選」しました。

 

喧騒の度合い、臭気、身の危険レベルはわかりませんが、なんとなくインドを感じていただければ幸いです。

 

Cimg0259
コルカタ市民憩いのモイダン公園

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロープワーク講習会

この週末は冬型が強く、飛べる気配はゼロ。
日曜夜には今シーズン初めて、雪が舞っているのを見ました。

 

その日曜AMには、県連主催のロープワーク講習会がありました。

 

基本的な結び方、自己確保、降下と、山沈を想定した内容。
以前も同じことをやってもらいましたが、もやい結びすら忘れてます。

 

講師陣は地元土佐市消防署。
しかも講師4人のうち2人はうちのクラブ員。パラフライヤーです。
もう2人は駆り出されたと思われる若手。

 

いやはや頼りになります。

 

小さい頃、消防士になりたいと思っていました。人を助けるあこがれの職業でした。
しかし、テレビのレスキュー特番を見て、自分の命すら危険にさらされる仕事はようしないと怖気づきました。

 

やはり私自分の命が大事です。身体能力も特に高くないですし。

 

消防署員にはできるだけ仕事が暇であって欲しいものです。

 

Pict0007

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インド考

昨年11月にニューデリー、先週末にコルカタと、2回計4日インドに滞在しました。海外事情に興味のある方もいるかなと、私の目から見たインドについて書いてみます。

 

ニューデリー、特にニューデリー駅前の汚さ、喧騒、埃っぽさ、臭さは、筆舌に尽くしがたいものがあります。

 

早朝から深夜まで、人、リキシャ、車であふれかえり、クラクション鳴らしまくりです。

 

Pict1027

 

メイン商店街「パハールガンジー」を歩く際は、人ごみはもちろん、ゴミや水溜り、牛糞に注意が必要です。また、ここに限らず「街中がゴミ箱」で、汚さ、喧騒の度合いは、カルチャーショックを通り越え、目の前の光景が現実であるかどうかを疑ってしまうぐらいでした。

 

Pict1020

 

一方「タージ・マハル」は本当にきれいなお墓でした。ここだけはおすすめします。
とてもあのいい加減なインド人が作ったとは思えません。敷地を一歩外に出ると、いつもの喧騒とゴミがたくさんですから。

 

Pict0893

 

コルカタは、ニューデリー以上の喧騒、汚さだと聞いて、怖いもの見たさで行ってきましたが、思ったほどではありませんでした。

 

ニューデリーとは一味違って、庶民の生活する街という印象です。「県民性」の違いを感じました。ニューデリーを東京とすると、コルカタは大阪という感じ。人もおだやかな、くだけた印象です。

 

Cimg0090

 

コルカタの安宿街「サドルストリート」は、「この宇宙で最悪の場所」と、昔あるイギリス人が表現したそうですが、思ったよりきれいでした。
もちろん日本ではありえないぐらい汚いのですが、私だいぶ免疫があったもので。

 

Cimg0085

 

コルカタは、どこかの通りが特別混雑しているというわけではなく、どこに行っても同じような風景で、あちこちに商店街があり、人や車であふれかえっています。ものすごい人口密度でしょう。牛はなぜか一頭も見かけませんでした。
 

Cimg0178

 

2つに分けて整理してみました。

 

<インドに行ってはいけない人>
・潔癖症の人
・人ごみが嫌な人
・心の平静を求める人
これらの方にとって、インドはこの上なく不快な国でしょう。

 

<インドに行ってみたらいい人>
・何らかの理由で少しでもインドに興味のある人(タージ・マハル、経済、食べ物、ヨガなど)
・カルチャーショックを楽しめる人
・人の性、泥臭さに興味のある人

 

インドは驚くほど英語が通じます。小学校から英語教育があるそうです。
治安は基本的にいいと思います。ただし、旅行者を狙った詐欺行為はたくさんあるそうです。被害例、対処法が、地球の歩き方にたくさん載ってます。自分は大丈夫という願望は捨て、安全マージンを十分持って動かないといけません。ハングと同じです。

 

そもそもどこの国にも都会には、不案内な人を狙う悪い人はいるものです。

 

混沌、喧騒、不衛生、貧富の差と、マイナス面が指摘されますが、インド人はエネルギッシュでハングリーだと感じます。
インドの魅力は、この「何でもありの懐の深さ」でしょうか。

 

Cimg0137

 

現地で暮らしたいとはとても思いませんが、好きか嫌いかと聞かれると、やはり「好き」と言ってしまうかもしれません。前回、インドを出国し、シンガポールについた時は、この汚くてうるさい国から無事逃れられて「インド脱出成功!」と喜んでたのですが。

 

それにしても、生まれ育った環境、常識が日本人とはあまりに違います。
BRICsの一角として、今後国際社会への影響力を増してくるでしょうが、人口規模とともに、この根性、したたかさでのし上がってくるでしょう。

 

だいぶ昔、「インド人もびっくり」というコピーがありました。

 

カレーのルーの宣伝で、インド人もびっくりするぐらいうまいという意味でしたが、私は今違う意味に解釈しました。

 

インドは何でもありなので、「インド人もびっくり」とは、「インド人ですらびっくりするようなものすごいこと」だと。それぐらい多様性と懐の深さがあると感じます。

 

なんらかの参考になれば幸いです。写真はまた後日紹介します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

帰国

今朝、タイから深夜便で帰ってきました。何事もなかったようにスムースに社会復帰。したつもり。

 

それにしても日本は寒いですね。インドは過ごしやすかったですが、バンコクは35℃まで上がり、予想以上の暑さでした。安宿の水シャワーが気持ちいいぐらい。

 

龍門もかなりの雪だったようで。(行かなくてよかった!?)

 

インドのコルカタ(旧カルカッタ)を2日、バンコクを同じく2日闊歩してきましたが、運良くノートラブルで帰ってきました。だいたい海外に行けば何がしかのトラブルはあるもんで、それもまた楽しみなのですが(あくまで軽微なものの話)。

 

それにしてもいつの間にか、オバマが逆転したのですね。ギョウザ問題はらち開かず、泥沼化か?

 

インド評については、また後日書きます。

 

Cimg0080
思ったよりきれいだったけど、日本では考えられないぐらい汚いコルカタのサドルストリート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明日から龍門で、「紀ノ川スカイグランプリ2008」が開催されます(2月8~11日)。

 

多分日本一寒いハング大会。かつてシールドが凍って、GPSが見えなくなったことがあります。上空-2℃でしたから。

 

ここ10年近くほぼ毎年参加してましたが、今年は私あったかいところに逃げます。

 

土曜からインドに行ってきます。
昨年11月にも行ってまして、ほんの2ヵ月半ぶりなのですが。

 

前回はニューデリー、今回はコルカタ(旧カルカッタ)。

 

すごい汚くて、ものすごい喧騒の国インド。けど、もっと知りたくて。ビザが有効な半年の間で、あまり暑くならないうちにということで、この3連休にからめました。インドの魅力、感想は、帰ってきてからまたあらためて書きます。

 

昨日は午後休んで、ジェトロ高知主催のインドビジネスセミナーにも行ってきました。
今年秋には、高知からのインド経済視察ツアーが企画されるそうな。

 

帰りにバンコクでも1泊してきます。
バンコクの明日の予想最高気温は34℃。寒いのは嫌いですが、34℃はどう見ても暑いだろうなー。

 

Pict1017
ニューデリー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

去年1年間のフライト時間

今週末のお天気はダメでしたので、落ち着いてゴロゴロしていました。

 

取り貯めたビデオを処理したり、喫茶で週刊誌を読み漁って情報収集したり、図書館で本を読んだり。

 

天気が悪いと雑用ができるのでほっとする私は、フライヤーとしてダメでしょうか。
多分同じような方がいるはずですが。

 

もう2月に入りましたが、少し前、うじーえさんが去年のフライト時間について書かれてたので、はて自分はと、数えてみました。

 

2007年1年間のフライトは、47本、78時間でした。

 

思ったよりたくさん飛んでいます。50時間ぐらいだと思ってました。

 

年始早々フォーブズで7本、22時間半と、1本3時間以上飛び、その後もいいペースで飛んでましたが、9月以降は月2本ペースと、福士選手並みにペースダウン。それでも過去最高かも。年間フライト時間を数えたのはこれが初めてですが。

 

ちなみに上記はハングで、パラは11本、8時間強。こちらは確実に過去最高。これでも。

 

パラで初飛びして6年半になりますが、いまだトータル44本、34時間。万年B級です。
まあ、ハングで飛んだ後、気が向いたらというペースなので、増えるわけがありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Google Earthで3D表示

GpsDumpなるソフトで、ログをkmlファイルという形式に保存し、無事Google Earthで3D表示することができました。

 

Katsurahama3d20080127

 

ご教授いただきましたK口さん、島さんありがとうございます。

 

それにしてもこのようなフリーソフトを作る方って偉いですね。

 

技術はもちろん、結構な労力、時間がかかると思うのですが。
爪の垢を煎じて飲まないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »