« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

帰国

今朝、無事帰国しました。午後から、何もなかったかのように出勤。瞬間的に社会復帰。
のはずでしたが、機中泊で十分寝れてないこともあり、イスに座ると眠くなる始末。。。
デスクワークを避け、何とかやり過ごしましたが。

インドに2日、シンガポールに2日滞在してました。

シンガポールは、噂どおりきちんと計画された素晴らしい街でした。
今まで訪れた中で、一番きれいな都市でしょう。各国料理も安くてグッドでした。

Pict1131
緑の配置が計画的

Pict1153
各所に屋台街が。バラエティに富み、値段も安い。

Pict1118
よく見るとたれ目でマヌケ顔の小マーライオン。後ろは親分。

インドは、想像を2回り以上上回る、汚くて、これ以上の喧騒はない、騒々しい国でした。
ニューデリーは、間違いなく今まで訪れた中で、最高に汚い街です。筆舌に尽くしがたいものがあります。写真でもあの騒々しさはわかりません。

Pict1020

街中がゴミ箱、街中がトイレです。ニューデリー駅前でも道はガタガタで、埃が舞っており、
時折糞尿らしき臭気が襲ってきます。

目の前の光景が現実であるか疑ってました。

Pict1041

日頃の素行が良かったのか、特に被害には遭いませんでしたが、鉄道が3時間45分も遅れ、駅で延々待ちぼうけをくらったのと、宿が最悪で、水シャワーを浴びる羽目になったことぐらいでした。トラブルは。

夜着いたこともあり、当初はかなり身構えましたが、インド人は別に怖くないことがわかりましたし、道路の混雑以外、身の危険は感じませんでした。

しかしながら、シンガポールに着いたときは、無事インドを脱出できてほっとしました。

それにしても、タージ・マハルは本当に美しい墓でした。とてもあのインド人が作ったとは思えません。そこから1歩出れば、無計画で騒々しく汚い街ですので。

Pict0895

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海外逃亡

年末も近づき、今年もオーストラリアに行く方々が、水面下で打ち合わせをしていることでしょう。誰がどうするのか全く知りませんが。

私は昨年海外逃亡してましたので、今年は実家でゆっくりしようと思います。

代わりにというわけではないですが、明日からインドに行ってきます。

何しに?と聞かれそうですが、特に用事があるわけではありません。もちろん仕事でもありません。

BRICsの一角であるインドを実際訪れ、理解を深めよう、視野を広めたいというのが目的です。本当に。もちろん観光もしますが。

帰路には、経由地のシンガポールでも1泊してきます。
海外には何度か出かけたことありますが、一人旅は、2年前の北京についで2回目です。

インドの訪問予定都市のアグラの天気を調べると、最高気温30℃、最低気温9℃とあります。気温差21℃! かなり上がりそうです。さすが内陸。

仕事は同僚に押し付け、不在者投票も済ませ、荷造りもほぼ終わりました。インドはあまり安全な国ではなく、ぼったくりが日常茶飯事のようです。1年強前に慶大生が行方不明になり、いまだ出てきません。無事帰って来られるのか一抹の不安もあります。もちろん好奇心の方が強いですが。

けどまあ、命の危険まではないでしょう。エアロトーのハングの大会に出るわけではないですから。

Pict0467

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高岡エリアクローズ

高岡エリアは、残念ながら先々週からクローズになりました。
もう飛ぶことはできません。

しかたないので今週末も、のんびり本でも読んで過ごすつもりです。

それにしてもいいエリアでした。。。(涙)

Pict0277

って、単に山道の工事をしているだけです。結構長くて11月始めから1ヵ月半、12月半ばまで飛べません。まあこの時期すでに高岡はオフシーズンですので、あまり痛手ではありません。

クラブ員は、久々に安田エリアのTO草刈りをしたり、はたまたゲリラ飛びをしています。
ゲリラ飛びとは普段誰も飛んでないところで、勝手に飛ぶことを意味します。

ハングはそうどこでも降りられないので、私としては、飛ぶなら三加茂か!というところですが、おとなしくしてようと思います。

このところ、「大ケガ→入院→手術」コースをたどる知人が相次ぎ、チームICUのmatu、yamaderaからは、「次はお前だ」と名指しされています。

それを気にしているわけではないですが、なんとなく飛ぶ気がしません。

来週の3連休にからめ、インドに行ってきます。
今もしケガすると、何ヶ月も前から計画してきたインド行きがパーになってしまうので、飛ばんとこうとしてるわけでもあります。弱気ですね。

今週末は、地球の歩き方とGoogle Earthで「予習」してます。多分。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ナベちゃん福岡へ

三加茂で足を折ったナベちゃんは、今日福岡の病院へ転院しました。

福岡には実家があって、2人の妹もいるので。

その2人の妹が交代で運転して、瀬戸大橋を渡って来てくれました。私の役目は、その瀬戸大橋近くまでこの物体を運ぶこと。

Pict0330
態度のでかいナベちゃん。足が曲げられないだけですが。

9日ぶりにシャバに出て、大変喜んでおられました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

JPAのGPS付き無線機システム

この土日に三加茂でJPAの大会が開催されてて、昨日例のGPS付き無線機システムを見学してきました。

選手に貸し出される無線機はこんなやつ。Pict0320
JHFのスカイレジャー無線機と似てて、ほぼ同サイズですが、GPSのアンテナ(写真左上)がくっついてます。詳しい定義を知りませんが、「業務無線」だそうです。

で、大会本部のパソコンで、各選手の降りた場所がわかると。
Pict0321

写真では見づらいでしょうが、川沿いに選手が降りているのがわかります。

この日はノートラブルでしたが、回収隊が無線機を1つ持っていけば、山沈選手までどれだけ近づいたかや、最短ルートが本部でわかるわけです。

私の評価を書きますと、「かなり理想的なシステム」です。ぜひハングの大会にも欲しい。もしあれば、先日のマツの回収がずっと早かったことは誰の目にも明らかでしょう。

問題は、無線機の充電台がたくさんと、デスクトップPC(拡張カードを使っているのでノートPCは不可?)、受信機のボックスと、機材にワンボックスカーが1台必要なことですね。
Pict0322

それと、総額2,000万円!といわれる導入費用。特注品ですからこれぐらしてしまうでしょう。

早く償却したいでしょうから、ハングの大会に1大会いくらかで貸してくれんろうかと感触を探ってみましたが、難しい雰囲気。何年もかけて作り上げた大切なものだから、まあそれが普通でしょう。

使い方自体は難しくないようで、私も面識のある地元フライヤーが、こいつの当番をしていました。この日初めて見たそうです。

それにしても素晴らしいものを見させていただきました。しばらくうなってしまいました。

ハング界としては、レンタル交渉を重ねるか、GPS付き携帯をみんなが持つようにするか、でしょうか。。。

蛇足になりますが、大会本部では、はくさんがバリバリ働いてました。
「選手から金もらって集計というサービスを提供するのだから、ミスや遅れがあってはいけない。」てなことを真顔で言ってて、以前とは人が変わったようでした。。。

写真中央左に座っているのがそうですが、あまりに迅速に仕事してて?ピンぼけしてます。
Pict0324
大会本部(どっかのXC大会とはえらい違い)

| | コメント (7) | トラックバック (0)

ケガ人の見舞い

今日はケガ人の見舞いデーでした。

まず、出張で来たYamaderaを、琴平(香川県西部)で拾って、高松へ。
住所を聞いてたので、特に問題なくマツ家にたどりつきました。

ほどなく昼になったので、讃岐うどんを食いに。
首の固定されたマツにとっては、「まだ早かった」そうで、食いにくそうにしてました。

Pict0318

それにしても、そこら辺あちこちにうどん屋があります。

しばらく自宅安静でして、本人はかなりヒマのようです。
ケガ人なので当然ですが、鋭気といつもの生意気さに欠ける、フツーのマツ君でした。まあ、体の快復に伴って、らしさも戻ってくるでしょう。

Yamaderaを高松駅で降ろして、イガさんちのすぐそばを通って、三加茂へ。

今週末三加茂ではJPAの大会をやってて、例のGPS付き無線機を見てきました。これは別記事にて。

夕方は、もう1人のケガ人ナベちゃんを見舞いに三好病院へ。

月曜に、実家があって妹さんもいる福岡へ転院するので、その段取りをしました。
骨折なので大ケガに違いないですが、折ったのは1本でして、マツよりは軽傷です。

Pict0326

お二人とも、まだ2ヶ月以上は不自由な身でしょう。お大事に。

本日の走行距離360km余り。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

吉野川XC 成績表&ログ

吉野川クロカンチャレンジの競技結果を掲載しました。
http://kochi-hpf.hp.infoseek.co.jp/mikamoXC/result2007.html

成績表と、上位選手のログを置いてます。
2日目の3位(タナカさん)、4位(ユースケ)、5位(サダボンさん)のログものせたかったですが、通信エラーで判定ソフトがハングアップした際、消えてしまいました。

2日間の競技内容については、いまいち感、不達成感が残りました。
特に土日で来られた方には、1グライドだった方も多いですし。

全選手テイクオフ近辺であっさり上げたのに、何故その後は渋々だったのだろう?
フリーフライトでは見向きもしないカスサーマルにしがみついてしまいました。

結局エントリーはHG18人、PG11人(1日だけの人も含む)。

残念ながらケガはありましたが、「名田橋ゴールが1人でもでて欲しい」という願望は、サダボンさんのお力により達せられました。感謝。

もう一つの願い、「行方不明者が1人もでないこと」は、選手の皆様のご協力により、問題ありませんでした。

また、名田橋チャレンジしましょう!

Pict0302
賞品の地酒は快く皆さんにふるまっていただきました(勝手に飲まれただけ?)

Pict0308
ハング選手の皆さん

| | コメント (2) | トラックバック (0)

吉野川XCの反省

成績を掲載する前に、大会の反省について。
反省点は何といっても、貞光の道の駅の前の河原を、サブランにしてしまったことです。

ナベちゃん骨折、石がでかかった、と聞いて、そんなバカな?、僕は全てのサブランに足を運んで安全確認したのに、と疑問でした。しかし、選手の話から石がでかかったのは明らかだったので、(僕が)よく見てなかったのかなと思ってました。

問題のサブラン(SL2)は、
Pict0305
一見普通の河原にも見えますが、

Pict0306
あちこちに人の頭サイズの大物が転がってます。

なんで僕はここをサブランにしてしまったのだろうと考えました。他にも、石がでかくてサブランにするのをやめた箇所はあります。

家に帰って、「サブラン取材メモ」を見返すと、ここの河原のことは「石でかい」と自らメモってました。。。

じゃーなぜここで座標を取ったのだろうと考えましたが、元々ここはGWのパラの大会でゴールに設定されてたとこで、「G02」というパイロン名でした。座標整理は結構時間のかかる作業で、何日かに分けて作業してましたが、夜な夜な作業した中、この座標を消し忘れ、河原だったことから、サブランだと勘違いしてしまい、番号を振ってしまったようです。

要するに私がボケてて忘れてたわけです。これが事の真相です。

こんな凡ミスで、ナベちゃんには大ケガをさせてしまいました。他にも約2名、打撲を負った方がいます。計7名ここに降りましたが、無傷の方にも怖い思いをさせてしまったと思います。明らかに私に責任があります。誠に申し訳ございません。ここをサブランにすることは2度とありません。

当のナベ氏はひょうひょうとしてますが、全治3ヶ月見込みだそうです。

Pict0316

しっかりフレアーかかって、普通に降りたのですが、石につま先をひっかけて、ひねって骨折したそうです。

そういう私も同じ頃、ハング人生おそらく初の「ひっくり返った亀」になっていました。
Pict0304

フレアーかけすぎたと思ってゆるめたらゆるめすぎでした。グライダーに謝りました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

吉野川XC Day3

東風強めで、雲量も増え、誰も飛ぶ気がなく、競技キャンセル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉野川XC Day2

1,550mまで上がるも、好条件はTO近辺のみ。

パラのクリハラさんがトップで40km。ハングはうじーえさんが32km、次は20km付近に4人、10km強にその他大勢。
サブラン2の石が大きく、ナベちゃん足首骨折。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉野川XC Day1

雲底1,600mだが、いいのは最初だけ、その後しょぼしょぼ。
サダボンさん1人名田橋ゴール! うじーえさん痛恨の200m120mショート。もうり7km手前、ハヤシデラさん10km手前、・・・

まあ、クロカンぽく飛べて良かったです。明日は集団で攻めましょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »