« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月

日選参加ピンチ?

今日午後、日選への参加がピンチになりました。

重要な会議の日程が、3/19or20で調整中との連絡があって。

思いっきり大会真っ最中です。
「そこだけは外せって、ずっと前から言ってただろ。バカヤロー」バリに、猛烈抗議! メールでですが。

しかし、悲しいかなサラリーマン、私に決定権はなく、決定したら従わざるをえません。

どう考えてもキャンセルするしかありません。
大会に出れないのはまあ別に仕方ないですが、老体のイガさんに一人で板敷まで行かせるのは危ないな、というのが一番心配した点です。

帰り際、またメールがありました。
「古いファイルを送ってしまいました。3/26の週で調整中です。」と。

日本チャンピオンへの可能性が開きました。

ということで、予定どおり行きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

千の風になって

NHKの「クローズアップ現代」で今夜、「千の風になって」の話が放送されてました。

「私のお墓の前で泣かないでください」で始まる歌ですね。癒し系の歌です。

放送中、ハングで亡くなった方々の顔が頭に浮かんできました。。。
ハングを10年以上やっていて、知人が誰も死んでない方はまれでしょう。

確かに、「僕のお墓の前でも泣かないでください。」とそう思います。

って、今うつに入っているわけではありません。まだまだ死ねません。オーストラリアでゴールするまでは。(ってやっぱり引っ張ってますね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日選エントリー

今日、日選に参加申込みしました。

大会メンバーはご存じのとおりですが、3/17~21に茨城県の板敷であります。

ふと、競技委員会のHPを見ると、エントリーリストがのってます。
3/3の参加申込みまで、あともうちょいなのに、まだ23人。大丈夫だろうか。

実は私、大学時代は板敷で飛んでました。といってもあんまり飛んでなかったので、パイロンよく知りません。板敷の大会に出るのも今回が初めてになります。

とはいっても、100本以上は飛んだエリア。足尾近辺も含め、周辺事情はそこそこわかってます。

しんどいのは、移動距離。イガさんと一緒にロングドライブです。まあ、かつて遠野(岩手県)に行ったことを考えると断然近いですが。

問題は、その時期に重要な会議が入りそうなことですが、なんとかごねてまして、翌週にたれ込まそうと画策してます。日本選手権なので頑張って行きますが、年度末は厳しいです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

メガマックはビッグマック

売れ過ぎて限定販売になっているメガマックを、先日わざわざ食いに行ってきました。どんなもんかと。

見た目から、パンはビッグマックと共通なのは想定内でしたが、かじって中身を見たところ、肉に、レタス、オニオン、チーズと、ビッグマックと全く同じに見えます。しかもソースは味も色もビッグマックソースと区別がつきません。

大学時代、マクドナルド吉祥寺店で4年間バイトしていました。その経験から、「メガマックはビッグマックだ」と確信。(数日前の日経新聞に、材料共通とあったのでやはりそのとおりでした。)

しかし、ではなぜ限定販売になるのだろう?との疑問が。

マックのWebをよく見ると、ミートパティが足りないよう。

オーストラリアにはあんなに牛いっぱいいたのに。。。

それにしても、材料いっしょで名前を変えて売り飛ばすとは、マクドナルドの商魂は相変わらずです。わかりやすく、「ビッグマック大盛り」とでもしろよな。

ちなみにForbesのマックには、「OzMac」というメニューがありました。
ビーフ、トマト、レタス、チーズの他、beetrootという紫色の野菜(カブの類)が挟まれてました。beetrootはおばちゃんのステーキ屋でも見かけましたが、オーストラリア特有のサイドメニューのようです。味は薄く、特にうまいものでもないですが。
5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2/21 Birthday

今日は私誕生日でした。何歳かは内緒にしたいですが、だいたいばれてるので書きます。33になりました。イチローと同い年です。年収の桁はいくつも違いますが。

ちなみに高知出身の岡本真夜は、友達の同級生。同じく島崎和歌子は1つ上になりますが、その弟が、友達の知り合いです。要するに他人ですね。

ANAやNIFTYから、おめでとうメールが来ましたが、自動配信とわかっていても、寂しい身にとっては悪い気はしません。当然生身の人からもらえるメッセージの方がうれしいですが。

66才ぐらいで亡くなる方はたくさんいますので、私もそうだとしたら、人生もう半分終わったわけですね。

早くゴールしなきゃ(大会で)。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

10,000mからの生還

10,000mまで上げられたけど、奇跡的に生還したそうな。

嵐で上空1万メートルに巻き上げられたパラグライダーが生還=豪州

オーストラリアのマニラにて。
もう一人吸い上げられた方は残念ながら亡くなってます。

龍門も上空寒かったですが、比較になりませんね。

結果論ですが、こうなる前に降りられなかったものか。。。 合掌。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昔の龍門の思い出

龍門のDay3では、寺山のTO付近をしばし磨きましたが、かつて初めて龍門に行った時の記憶がフラッシュバックしました。

大学3年の時の学生選手権で行ったときです。古いですね。写真の日付が1995年なので、もう12年前ですか。
大会最終日、寺山をかなり磨いて、磨ききって降りました。

その時の優勝は二本森さん。当時のメンバーとしては、山寺や進ちゃん(うじーえさん奥さん)、足尾の小林さんあたりが、今でも時々会えるメンツです。

Histry08
ランチャーが古いですね。右はトノヤンです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

龍門の感想

去年の龍門は毎日たくさん飛べましたが、今年もよく飛べました。いつもほど寒くなかったので、朝もつらくはなかったですね。

私はDay3で、200mまで落ちてぶっ飛び寸前でしたが、ゴールがたくさんいた一方、早く降りてしまった方も多く、最近問題の「格差」が今大会にも見られました。これはちょっと残念でしたが、お天気相手なので仕方ないですね。

閉会式では、市長から、市長杯を用意するとの発言がありました。トノヤンファミリー及びスタッフ各位の努力のたまものだと思います。大変お疲れさまでした&ありがとうございました。

今回、このブログでのオーストラリア報告を読んでくれてた方から、その旨声をかけていただきました。結構たくさんいました。中には初対面の方も。うれしい限りです。現地レポーターの責務が果たせて。

龍門の成績はちょうど真ん中ぐらいでして、まあこんなもんでしょう。ぶっ飛び寸前だったことを考えると、全然悪くないですが、それにしてもハングの競技というものは悔しいスポーツですね。

けど、グライダーのチューニングや運も含め、他の誰のせいでもなく、全て自分の責任というのが面白いですね。板敷でも頑張ろう。
Pict0670_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍門Day4(2/12)最終日

今日もしぶい。いちおうなんとか上がってたのでテイクオフすると、しばらくして1,500mまで到達。意外と上がる。しかも最終日なので、タスクは45.8kmと比較的ショート。

スタートする前からゴールできそうな予感!!!

しかし、お城を取って帰って来る際ずぶりまくり、龍門LD上空で400m。マッスーとしばし踏ん張りなんとか戦線復帰。

新大門口橋に走る際、200m以上低いグループが走り出したので、応援しながらついて行く。

しかし、なんとこの方達、お城を取って帰って来るではないか。リフライト組だ!使えねー。

結局1人で走って、そのまま新大門口橋に刺さりました。。。

私には、いつ春(ゴール)が訪れるのでしょう。。。
<フライト報告終わり>

Pict0671
 中野君とともに、選手兼集計係として遅くまで活躍のユースケ(大変お疲れさまでした)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

龍門Day3(2/11)

昨日よりは早く出たが、スタートも切れずあっさり降りそうになる。200mまで落ちてチャックを開けるも、スナマンの言葉を思い出しなんとかふんばる。

ゴールするには、「あきらめてはいけない。」と昨日言われました。そう言ったスナマンは、ぶっ飛んでリフライトしてましたが。

結局4時間弱も飛びながら、10km弱4.5km残しLD。うーん、オーストラリアと同じ展開です。成長してません。

翌朝、最後いっしょだった桂さんがゴールしていることを知る。
岡田スポーツからJRまで帰ってきた際、私より確実に100m以上低かったので、フォローの中、龍門LDまで距離を伸ばしたもんだと思ってました。

私、あきらめてました。
というか、タイムアウトで0点になるのが怖かったのと、数機のパラをよけて無事降りることと、何よりシシ鍋で頭がいっぱいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍門Day2(2/10)

寒い。しかも曇っててあまり上がらず出る気がしない。結局しばらく伊賀さんと2人で待った後、ブービーでテイクオフ。意外と楽に1,000mまで上がり、ミニマム+αゲット。

レセプションで、「やる気なさ過ぎ」とひろおかに、喝を入れられる。
しかし、やる気があり過ぎてもまずいことが翌日わかりました(詳細略)。

確かにやる気はなかったですね。
GPSに朝パイロン入れてもらうのを忘れてたぐらいですから。

1_1

 レセプションでの世界戦代表者あいさつ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍門遅報

大門さんが優勝しました。って、そんなことは他のブログでわかってますね。うじーえさん、マッスーはまめですなー。携帯から毎日更新するとは。

さて、私の目から振り返りましょう。

Day1:
 行ってません。20:30頃和歌山港に入港し、お目当てのファーストパイロン「井出商店」へ。前のブログで「井手商店」と書いてましたが、手違いでした。ちなみにハングパイロットのイデさんは手の方です。(本人から言われるまで、全く気にしてませんでしたが。)

味の方は、和歌山ラーメンのスタンダードという感じですが、しょうゆの味が強めで、私としては、いまいち感が。。。 元々、塩の方が好きですので。

Day2以降は別記事で。

6

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日から龍門

明日から龍門の大会に行ってきます。12日まで。

この前行ったような気がするのに、早もう1年か、1年をこんなに短く感じるとは年を取ったものだ。と、プチへこんでましたが、昨年10月に行ってました。良かった良かった。

暖冬なんでちょっとほっとしてますが、龍門の大会は、日本一寒い大会だと思ってます。去年はメットのシールドが凍りましたからね。TOからして既に雪が積もっているし。

それにしても参加者は強者勢揃いですね。(エントリーリスト
関西組でいないのは、療養&卒論執筆中のムタぐらいか。

明日はどん曇りのようなんで、15:00まで仕事して、それから走ろうと思ってます。
そんで、願わくば井手井出商店でラーメンを。

龍門に通ってもう何年になるかわかりませんが、来年こそはと毎年前を素通りしてきましたからね。今年こそ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーストラリア裏話(その2)

龍門が近づいてきましたので、裏話を書ききってしまいましょう。

みんな無事帰ってきた、ということになってますが、実はちょこちょこケガしてました。
ひろおかは大会2日目に早々とクラッシュしてアップライトを曲げてましたが、うじーえさんも自らブログに書いてたとおり、LDで派手にやったそうです。Y山君は膝下をぼっこり腫らし、N間君もいつの間にか膝に大きなかさぶたを作ってました。

マツは牛の電流柵でしびれたそうで、結局のところ無傷は、8人中ミノル、マッスー、私の3人だけかな。

大会では、世界のハング界の高齢化を実感しました。20代はせいぜい10人ぐらいだったのでは。日本の大会の方がずっとましです。日本チームは推定平均年齢28才で、かなり若かったと思います。

このジジイ下手だなーと、置いていったはずのヤツがちゃんとゴールしてたりするので、腕は確かなのでしょうが。

あと、おまけですが、シドニーではみんなと離れ、バッグパッカーの安宿に泊まりました。HISおすすめの宿ということで行ったのですが、エレベータが「シンドラー」でした。問題はありませんでしたが、微妙にずれて止まります。

そこは8人部屋でしたが、みんな不在なのでとっとと寝てたら、夜中金髪の女性達が帰って来ます。ヤベ、俺部屋間違ったかなと思いつつ寝たふりしてましたが、男女混合でした。なかなか奔放なお姉さま方で、ベッドの上に下着を置き去りでした。上も下も。

ボンダイビーチで外した私は、その程度では癒されませんでしたが。

Pict0602
シドニーで泊まった安宿

Pict0664
エレベータの床に何か書いてあると思ったら「シンドラー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Today's Takaoka

今日もみんな飛べました。

山へ上がる途中、パラのYさん、Sさんダブルで山沈との情報。
TO着く頃には回収終わってるだろうとの予測は外れ、遅れてYさんの回収へ。作業は進んでて、結局私はコックピットを持って帰っただけ。

ただ、行きに誰かがT尾氏のグライダーケースを山中で発見し、私は帰りにT岡氏のハーネスバッグをたまたま見つけました。

山沈した後忘れるわけはないでしょうし、ハーネスのチャックを閉め忘れ、飛びながら落としてしまったのでしょうか。。。高岡の山には、まだまだグッズが眠ってそうです。

回収後はすっかりしょぼしょぼモードに。
リッジに産毛が生えた程度で、+200mぐらいか。パラで渋滞してきたので、1時間強で降りました。私はハーネスのピッチラインを調整し、グッドフィーリングなのを確認できましたのでよしとしました。
Pict0669

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホームエリア復帰

やっと今年の国内初飛びを今日しました。

いやー、寒かったです。
なかなかいい風が吹かなかったのですが、今週末は南向きの高岡でも飛べる予報。
今日は3mぐらいの南で、ちょっと出遅れたため、14:00ぐらいのテイクオフ。

パラはあんまり上がってなかったですが、1,200mちょっとまで私は楽に上がりました。
グラビター(バリオ)の温度計で3℃。寒かったので、1時間で降りました。

飛んでる間に北の爆風がなぜか入ってきて、ランディングは過去最高レベルに荒れてました。高岡で北向いて降りたのは初めてかも。ひざをちょこっと擦りむいてしまいました。

まあ、この程度の寒さでめげていては、来週の龍門では飛べませんな。

Pict0668

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーストラリア裏話(その1)

コタツでテレビを見ながら落ちてしまう日々が続き、少々ブログをさぼってしまいましたが、2月に入って正月気分も消え去り、龍門の大会も近づいてきましたので、ここらでオーストラリアの裏話でも書いてみようと思います。

まず、連日皆さん100kmオーバー飛んでましたが、なぜだと思いますか?
ものすごく上がったわけではありません。2,500mとかせいぜい3,000mでした。しかも地面の標高が250mありますので、対地だとそれを引いた数字になります。

答えは「フォロー」だったからです。ほとんどのレグがフォローでした。ターンポイントは途中にありますが、くの字型のタスクが多かったです。

もう一つの理由は、日照時間が長いことでしょうか。
つまりのところ、日本でそこそこ飛んでる人は、向こう行けばそれぐらいすぐ飛べるということです。

しかし、Forbesの南緯は33°23'。高知の北緯とほとんど変わりません。
恥ずかしながら、なぜ日照時間が長いのかは知りません。誰かおしえてください。

あと、レンタカーですが、キャリアのボルトで、リアドアにぼっこりキズをつけてしまいました。かなりでかいキズでしたが、あれはどうごまかしたのでしょう? 龍門で聞いてみましょう。

そのレンタカーでカッキーは鳥を2羽ひきました。

今日はこのへんで。
Pict0497
 問題?のレンタカー(左端)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »