平和カップ2017

この連休は、2年ぶりに平和カップ参戦。

天気は上々。ハングで参戦。

Img_6861
やる気満々!の選手たち。

Img_6862
サーマルしょぼく、パラは上がるものの、ハングはオータケ以外ぶっ飛び。

1,000mぐらいまで上がったそう。

Img_6870
やめようかと思ったけど、一応選手の最後にぶっ飛んどきました。6分の分殺。

Img_6878
ハング閉会式。

Img_6887
最終日はパラでダミー。こちらも分殺。昨日より1分だけ長い7分のフライト。

Img_6888
狭いサブランをロングして、土手にグライダーを降ろしてしまいましたが、

Img_6890
この細長い土手がサブランで、左の空き地が、畳む場所だとか。。。

このサブランは日本一狭いでしょう。

たくさん飲みましたが、全然飛び足らんので、また行くとしましょう。

選手、スタッフの皆様大変お疲れさまでした。

| | コメント (0)

準備して待つべし

昨日は、朝から曇り気味。

昼過ぎまで晴れるはずだったので、オーク御一行様他、15人ぐらいが集結。

河原フォローにテンション上がらず、しばらくウェイティング。

ソアリングできてるとの一報に、重い腰を上げ登頂。14時過ぎだったかな。

Img_6839
この頃はまだパラがソアリングしてたけど。

Img_6842
ハングは、しろちゃん、みのちゃんのみフライト。

その後、ほぼ無風、時よりフォローになり、終了。
1時間ほどの短いソアリングタイムでした。

私もパラを出したものの、広げることなく、またしまいました。

やっぱり、準備して待ってないといかんですな。

| | コメント (2)

初ポッドハーネス

早朝6:30起きで釣りに出かけ、昼前にエリアへ。

すでに2名飛んでましたが、早々にランディング。

しばしウェイティングし、ちゃんと南風が入ってきた13時過ぎにテイクオフ。

Img_6826
ベストタイミングで、1サーマルで1,000mへ。

30分飛んでトップラン。そしてリフライト。

Img_6834
600mにも届かんかったかな。

写真みてわかるように、足元が変わりました。初ポッドハーネス。中古を買いました。

Img_6830
これで見た目はベテランフライヤー。

それにしても、ポッドハーネスは、足の出し入れがしにくいですね。

慣れの問題だと思うけど。

| | コメント (0)

大島遠征

この週末は、周防大島へ。

前行ったのがいつだかわからないぐらい昔。多分10年ぐらい前。

Img_6739
その頃より、また狭くなった印象。。。

しかし、全く問題ありません。今回迷わずパラなので。

Img_6755
初日、運よくリッジで20mほどゲイン。すぐ降りましたが。

ターゲットはドロングして、15m。ブービーでした。

Img_6782
夜は近くの竜崎温泉で、豪華なレセプション。生ビール飲み放題! 実費5,000円。

乾杯前にビールのお替りしてしまいました。待てず。

Img_6799
翌日も曇り。できたらゲインしたいと、この日も最後にテイクオフ。

しかし、なすすべなくぶっ飛び。ターゲットは6m。選手17名中、真ん中ぐらい。

Img_6800
降りた後は、ハングラン鑑賞会。

皆さんきれいに降りました。チッ。


飛んで、温泉入って、うまい飯食って、たくさん飲んで、しゃべって、完全リフレッシュ!

飛び以外は最高の大会でした。飛び以外は。

| | コメント (4)

池田遠征

8年ぶりに、池田山の大会へ!

Img_6650
タスク入力が面倒です。めったにやらないので。

Img_6662
前世界チャンピオン、クリスチャンのテイクオフ

結構色々話聞けて、質問にも答えてくれました。

イタリア人の中にも、あまり陽気でない人、ワールドカップの時しかサッカー見ない人がいるという当たり前のことを知りました(^ ^;)

Img_6678
ブラジル世界戦報告会

Img_6695
出ないとレースについて行けないことはわかってますが、テンション上がらず、初日最後尾、2日目もブービーでテイクオフ。

Img_6697
ハングたくさん。大会だねぇ。久々のガーグルは怖いです。

Img_6702
成績は全くでしたが、2日とも1,300m前後の雲底まで上げたし、何より無事降りたのでOK。

ゴールは遥か彼方でしたが、次回借りを返すことにしましょう。

Img_6716
帰りは、神戸→高松のジャンボフェリー。このフェリーでだいぶ楽できます。料金も安いし。

休日ダイヤなのを忘れてましたが、カツカツで間にあって乗れました。

心技体全て伴わず、競技にはいちおう参加しただけでしたが、たまには遠征もいいですね。刺激になります。

温泉や食事も楽しみやし、滅多に会えない方々と話せるし。

オーガナイザー他スタッフの皆様ありがとうございました。

| | コメント (0)

«Road to Ikeda